« カティンの森(2) | トップページ | モールス »

Another

Ty120127

ひさしぶりに、本の紹介をさせていただきます^^。
寒い日は引きこもって、お茶とお菓子をいただきながら
ミステリ三昧、というのが理想の生活よ(笑)。

綾辻行人「Another」(2009 角川書店)

 * * *

1998年、春。
夜見山北中学に転校してきた3年生の榊原恒一は
何かに怯えるようなクラスの雰囲気に、違和感を覚える。

病院で出会った不思議な少女メイに惹かれ
接触をこころみる恒一だが、謎は深まるばかり。
そんな折、クラス委員長の桜木ゆかりが凄惨な死を遂げた……。

 * * *

綾辻行人の「館シリーズ」と「新本格ムーブメント」については
映画「蝋人形の館」のレビューのなかで、いろいろ説明しておりますが
正直わたくし、ここ数年は、綾辻氏の作品から離れておりました。
館シリーズの最新作「暗黒館の殺人」で、ちょっとガッカリしたせいです。

だけどつい先日、新しくできたミステリ仲間から
「新作の『Another』がスゴイよ!」
って教えてもらって、読んでみたところ

いやいや、もう……。

わたし、綾辻さんをどうやら見誤っていたのだと
今さらながら、気づかされました。

この作家さんのいちばんの良さというのは
なんと申しますか、子ども的感覚というか
単純に人をびっくりさせようとか、面白がらせようとする
無邪気な遊びごころ、それに尽きると思うのです。

大人の技術を持った永遠の子ども、とでもいいましょうか。

それを、例えば「もっと人が描けていれば」とか
「年齢相応の深みを」とか、そんな
ピント外れなことを求めるのが、間違いなんだと気づいた。

でもこれって、読み手のタイミングもあるでしょうね。
人間、もっと人を描いた年齢相応の物語をむしょうに読みたい時期もある(笑)。
(ひょっとしたら、作者自身も
 そういうものを書こうとして葛藤してた時期もあるのかも?)

この「Another」は「いやいや、そういうモノなくて良し!」と
完全に開き直った感があります。
中学3年生の主人公の視点で描かれているのも
たぶん、効果を増していますね。
ダマシのテクニックにおいては、憎たらしいくらいに見事。
「ぜったい左手に何か隠し持ってるぞ」って、思ってるのに
ふと気づくと、右手に注目させられてたというような、あの悔しさといったら
あああ、なんて気持ちいいんでしょう!

で、じつに映像的な作品なんだけど
(メイちゃんの声が、ずっと綾波レイの口調で浮かんでいたざます)
トリックがアレだけに、映像化はないだろうって思ってたら
なんと、1月からアニメ化で(もうなってるのか?)
夏には映画にもなるって!

(゜ロ゜;まじですかーーーー!!!!
アレのトリックはいったいどうなるのか、どうなるのか。

Tc0603
人気ブログランキング

|

« カティンの森(2) | トップページ | モールス »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。