« ドラゴン・タトゥーの女 | トップページ | 眠れる女と狂卓の騎士 »

火と戯れる女

Ty120614

第一作目で、すっかりノオミ・ラパス演じるリスベットの
ファンになってしまいましたので、もー、わくわくしながら見た1本。

「ミレニアム2 火と戯れる女」
(2009/スウェーデン・デンマーク・ドイツ/ダニエル・アルフレッドソン監督)

 * * *

ヴァンゲル家で起きた事件を解決して、1年後。
「ミレニアム」では、少女売春組織の実態に迫ろうと
準備を進めていた、ある日
担当ジャーナリストが殺されてしまう。
そして、銃にはリスベットの指紋が残されていた。

ミカエル(ミカエル・ニクヴィスト)は
リスベットの無実を信じ
「ミレニアム」の仲間たちとともに、真実に迫っていく。

 * * *

第一作目の1年後という設定で、髪が伸びて
少しは女の子らしく……なってません!(笑)

そして、あろうことか
リスベット本人が事件の中心となる展開。
ナゾだった彼女の過去も、解き明かされていきますが
ちょっとここで、個人的には不満でした。
ミステリアスなところが、好きだったもんでね。

ああ、どう表現したら良いかしら
例えば「ドラゴンボール」でね
悟空が超サイヤ人だということがわかったときに
「すっげーー!」と思ういっぽうで
「あれ……ちょっと、期待してた展開と違う……?」
みたいな(笑)。なんかそういう感じといったら
わかってもらえるかしら……。

あとそれと、白人の中年男性がたくさん出てきて
誰が誰なんだか、まるで区別がつきません。
前作でも「それ誰?(ポカーン)」の失態を犯したが
これは自分だけのせいではない、と、気付いた。
白人の年配の男というのを、ふだんあまり見慣れてないので
(しかも欧州なので、知らない俳優さんばかり)
脳みそが、顔をちゃんと識別できるようになってないんだわ。

というわけで、あまりよくわからないまま見続けて
いちおう怒涛の展開や、どんでん返しらしきものもあって
(なかなかリスベットとミカエルが再会しないんだこれが!)
盛り上がったところで

……信じられない。

「つづく」だなんて(涙)。

Tc0200
人気ブログランキング

  ミレニアム2 火と戯れる女@ぴあ映画生活

|

« ドラゴン・タトゥーの女 | トップページ | 眠れる女と狂卓の騎士 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

あんぐり…ないずともさんを想像して
プププッ (*^m^)o==3となった
と~まであった
ミレニアム…覚えたしぃ、

投稿: と~まの夢 | 2013.07.13 10:19

ホント、あーんぐりでしたよ!
深夜だったので、気分モヤモヤしながら寝て
朝いちばんで続きを見始めましたさ!
配信されててよかった。
レンタルビデオだったら大暴れだった。

投稿: イズトモ | 2013.07.14 22:10

この記事へのコメントは終了しました。

« ドラゴン・タトゥーの女 | トップページ | 眠れる女と狂卓の騎士 »