スマバカ日誌

任侠ヘルパー(2)

Ty130113

前回のつづき!

「任侠ヘルパー」(2012/日本/西谷弘 監督)の感想、第2回。

で、なんでこんなに心配かというと
ある日、彦一が奮起して「うみねこの家」を改善するでしょ。
それがまるで、彼に神通力でもあるかのごとく
どんどん良くなって、みんながどんどん明るく元気になって
人もどんどん集まってきて……ってところが
あまりにもサラッと、雰囲気だけで描かれすぎた気がするんです。

入所者ひとりひとりと、彦一のかかわりとか
もう少し細かく描いてくれてもよかったんじゃないかなあ。
で、全然ボケてた老人のひとりが、シャキッとなって
思いがけないリーダーシップを発揮するとか……

りりィ演じるアル中ヘルパーが、実はすごい実力を持ってたとか……
(彦一のふるまいを見て、介護の経験アリと見抜くんじゃないか
 なんて思ってたんだけど、あのやりとりではそんなふうに見えなかったね)

とにかく「うみねこの家」の人たちとの細かいエピソードを
もっと入れて欲しかったなあ。

そしたら、介護施設を「金をせしめる道具」としか見てない
暴力団への、彦一の反発も、施設への思い入れも
もっと、わかりやすくなったんじゃないかなあ。
そうすれば、彦一が、ひとりで敵に立ち向かっていくシーンだって
際立ってかっこよくなっただろうし。

そんなの描く時間ないよっていうなら
ぶっちゃけ、黒木メイサは出番ナシにしていいので。

以前に所属していた暴力団がらみのエピソードなんて
本当なら、まったく不要ですから(まあ、大人の事情だろうが)。
あの時間を「うみねこの家」にまわして欲しかったっす。

これなら自立して、施設の再建もできる
あとあと彦一なしでも大丈夫、という確証が欲しかった。
香川照之演じるあの議員さんの力だけでは、正直、かなり心配が残ります。

 * * *

それにしても、全国各地を旅して
しかも、毎回なぜか介護にかかわって、世直し(?)する流れ者
っていうシリーズになってくれると、おもしろいんだがなあ。
寅さんや釣りバカみたいにさあ。

ちなみに、せっかくなので
スマップの他の人たちも、キャスティング考えてみました。

《中居正広》
極悪非道のヤクザの残虐な親玉のちびっこギャング。

《木村拓哉》
記憶喪失のホームレス。

《香取慎吾》
明朗快活なヘルパー。ヤクザにひどい目にあわされ、精神的に壊れる。

《稲垣吾郎》
行政の人。

わー、ちょー見たいわ、これー!

Tc0214_2
人気ブログランキング

| | コメント (0)

任侠ヘルパー(1)

Ty130113

ほほほ、「ホビット」見にいっちゃったぜ!
ちょっともう、興奮さめやらずで、つづき知りたいんだけど
でも、いま原作を読んだらいけないと
ああでも、中つ国にハマっていたい、と葛藤のすえ
「ハイファンタジーは苦手」を、公言してはばからないわたしが
とうとう、大長編「指輪物語」の原作本に、手を出しちゃったんだぜ!

……というありさまなんですけど
その前に、忘れちゃいけない、これの話だ(笑)。

「任侠ヘルパー」(2012/日本/西谷弘 監督)

 * * *

元極道者の、翼彦一(草なぎ剛)は
コンビニで働きながら、細々と暮らしていた。
ある日、コンビニ強盗の老人・蔦井(堺正章)を
わざと見逃したことで、刑務所送りになる。

彦一は、獄中で蔦井と再会。
元極道の生きづらさを感じていた彦一は
出所後、やはり元極道だという老人のツテを頼り
「極鵬会」組長・朝比奈道俊(宇崎竜童)を訪ねる。

そこでふたたび、彼がはじめた裏の仕事は
老人相手の闇金融と
それで破産した老人たちを、劣悪な施設に入れ
彼らの生活保護や、年金をせしめることだった。

 * * *

いやー、かっこよかったね、草なぎ!
なかなかテレビで見られない凶悪な表情。
まゆ毛、逆八の字だし。

慕ってくる人をむげにできない優しさがあるのに
それを素直に顔に出せない不器用っぷり。
いやー、かっこよかった!

……というわけで大満足、スッキリして帰宅するつもりが
帰ってる途中で、なんか気持ちわるくなってきた。
なんか、ひっかかってる。
なんか、ひっかかってる。

そもそも、この映画のテーマ自体が「介護」で
解決できない問題だということは、わかっています。
だからもう、そこは軽めにスルーして
草なぎ主演の、任侠アクションとして楽しむつもりだったのに
やっぱりそういうわけにいかなかった。

「介護」、重い…… (;´д`)

施設「うみねこの家」の、あのひどい状況は
いささか誇張されて、描かれているとしても(と願いたい)
前半で出てくる、設備が整った近代的な施設で
いったん入ると薬漬けになっちゃう
みたいなのは、なんかもう、常識として知られてますよね。

TVシリーズでは、全体としては、解決できない問題であっても
ポイントをひとつに絞って、完結するようにしてあったので
一話ごと、けっこうスッキリして終わってたんだけど

映画で、あんなショッキングシーンを見せられちゃ
あの人たちが今後どうなるのか、心配でしかたないんです……。

つづく。

Tc0214_2
人気ブログランキング

任侠ヘルパー@ぴあ映画生活

| | コメント (2)

プロフェッショナル 仕事の流儀

Ty31sma

キアヌ・リーヴスやロバート・ダウニーJr.が演じるダメ人間キャラに
さんざん大騒ぎした流れで、草なぎさんの話なんかしたら
そらいかにも、草なぎさんがダメ人間キャラと申しておるようで……(爆笑)

「NHK プロフェッショナル 仕事の流儀」 SMAPの巻

10月10日放送のものを、スマ友がDVDに焼いてくれたというのに
(ありがとう友よ、遅くなってゴメン。旅行のおみやげ話も聞かせてね~!)
地デジ化で、TVをやめてからというもの
TVの場所まで行って、TVとデッキの電源入れて、DVDを入れてという
一連の行為さえおっくうで、「お前がいちばんダメ人間だろ」
と言われても、仕方ない状況だったのですが
12月24日に再放送(しかもなに? 完全版ですって?)があるそうで
せめてその前に見なくちゃと思って
おっくうな道のり、約1m30㎝ほどをTVに向かいました。

ここ数週間ぐらいかな、仕事上でいろいろと考えることがあり
自分の心が、後ろ向きになってるなあって、まずいなあって思って
図書館で目についた自己啓発本を、片っ端から借りまくってたのですが
(普段は読まないこんな本が気になること自体、気持ちが弱っている証拠ね)
読んだからといって、自分が変わるわけでもなく
場合によっては、よけいに落ち込んで読むことすら放棄した本もあります。

で、ついさっき「NHK プロフェッショナル 仕事の流儀」を見て
目からウロコが落ちたという次第で!

目からウロコが落ちたという次第で!

わたし、何でこんなに落ち込んでたんだろ。
そうだよね、目の前のことを一所懸命やればいいだけなのに
過去のことで思い悩んだり、起きてもいない未来のことで
クヨクヨする必要なんてなかったのね。

自己啓発本を10冊読むより、SMAPの背中を見るほうが
よっぽどタメになるし、勇気もわいてくる。

そんな、ガッツリと力強い気持ちになりつつあるとき
バランスボールに乗ってポヨンポヨンする草なぎさんの姿は
「でも、脱力もだいじ」と、やさしく言ってくれてるようでありました……。

Tc0205人気ブログランキング

| | コメント (0)

ひざこぞう神

L10

おかげさまで、ここ半年以上つづいてました
おそろしいほどの忙しさから、一旦は開放されまして。

昨日は、ずっと返しそびれていた本を図書館に返しに行ったり
ショッピングモールを歩いたりと、グダグダしてました。
(で、外のあまりのムシ暑さにバテた。体力が落ちてるね、はは)

家に帰って、まだちょっと残ってる作業とか、やろうとしたんだけど
どうにもこうにもやる気が出ず、
じゃあゲームしようかと思ったけど、その気力すらなく
やがて、ずっと動画サイトを眺めることに。

ソフトバンクCMのシンガポールバージョン(草なぎさんが異様に
ヘラヘラしてるやつ)を、いったい何回みたことでしょう!

アレだね! 後半の、香取くんがクルッと回る直前の0コンマ何秒
草なぎさんのひざこぞうには“神”が宿ってるね!(嬉)

で、その後スマップつながりで
「ホットペッパー」(懐)のCMに、移動して
そこから、ホットぺッパーでデスノートをやるというオモシロ動画を見つけ
(あははは、世界の名探偵L(アニL)が「馬刺しソーダ」「メンマ」って言ってるゼ!
 「かっぱ泥棒」って言ったり言われたりしてるゼ!)
最終的に、もうひとりの、ひざこぞう神
世界の名探偵L(松L)のもとへと、行き着いたのでありました……。

……あああ、今日もグダグダだわ、わし。

Tc0601人気ブログランキング

| | コメント (0)

草なぎさんの声

Ty75toast

ふと気がつくと、もう金曜日! 先週の「スマップ祭り」(笑)から
そろそろ1週間もたとうとしてるじゃないの奥さん!

土曜日の「SMAPがんばりましょう」も、笑えて楽しかったけど
翌日の「タモリ×SMAP 僕らは未来を信じよう!~」は
宇宙開発のトリビアや、感動秘話など
初めて聞くお話ばかりで、真剣におもしろかったです。

ガガーリンて意外にちびっこだったんだなあ(158cmだったっけ?)

小惑星探査機「はやぶさ」のアニメは
いまの日本に、勇気を与えてくれるお話でしたね。
草なぎさんの声は「はやぶさ」に、とても似合ってたと思う。

 * * *

草なぎさんの声が、気になりだしたのは
西村雅彦さんとコンビを組んで、水野美紀ちゃんとかも出てたドラマです。
(いま調べました。「TEAM」でしたね!)
このドラマで、ラストに流れてたナレーションのときからです。

ドラマ自体は、お話が暗かったもんで
けっきょく途中から見なくなってしまったんだけど……。

でも、草なぎさんて、誰でも「この声は美声だなあ」って
思うような声じゃ、けっしてないんですよね。

誰でも美声と思う声が、例えば「ジェットストリーム」みたいな
落ち着いてて、流れるようで、流暢で
一日の終わりに聞くのにぴったり……みたいな
そんなのだとすると、けっして、そんなんじゃないもんな。
滑舌だって良くないしな(ですがれすになるしな)。

どちらかというと訥々としてる、不器用なしゃべりかたが
ある特殊なシチュエーション
「不器用なキャラクターが語る」というのには
ぴったりハマるのだと、気付きました。

「はやぶさ」はある意味、究極の「不器用なキャラクター」(笑)。
健気で、真摯で、誠実で、そして孤独だった。
だけどみんなにとても愛されていた。

そらーもう、こういうキャラクターを演じさせたら
草なぎの右に出るもんはいないよなあ!

 * * *

それはそうと、草なぎさんに関して「まゆげ」とか「ひざ」とか
なんだか、ずっとパーツに分けて語ってる気がする……。

はたして次は、どこを語るのか!?
思わずパーツを語りたくなる男、草なぎ剛!(爆)

Tc0403人気ブログランキング

| | コメント (1)

がんばりましょう

Ty31sma
月曜日のスマスマで、久々にスマップさんの姿を見て
なんとなくホッとしてる自分です。

状況を考えたら、当たりまえなのだが
5人も、とても緊張してるようでした。
お互いに敬語で話しているのが
その時はなぜか、妙にハラハラしてしまった(笑)。
(あと誰かナカイさんにも、何してたか聞いてやってくれや!)

こういう非常時にあって
誰もが、無力感を感じてると思うのです。
とくに、TVに出たりして楽しそうにするのが仕事の人は
その気持ちは、強いんじゃないかなあ。

食べものや着るものや、暮らしの確保がきちんと出来て
はじめて人は、気持ちに余裕つくる
そのための余裕ってのが、できるんだろうから。

それまでは、何の役にも立たない自分っていうのに
ずっと腹立たしさを、覚えてなきゃいけないんだと思う。

 * * *

役に立たない自分の無力さにうちのめされている。
そんな気持ちでいるのは
被災地以外に住むわたしたちも、同じだから
そういうやるせない気持ちを、代弁してもらったような気がしました。

それに、彼らけっして無力じゃないもんね。
TVに出てる(に限らず)有名人のパワーはスゴイ。
例えば、わたしたち一般人が、1日かかって必死で募金したって
とうていかなわない金額を、集めることができるじゃないですか!
人によっては、個人で寄付しておられるじゃないですか!

……例えば、広場のこっちにわたしたち
反対側にスマップさんが、募金箱を持って立ってたとする。
(あ、いいなァ)
もちろん、誰だって、向こうにしか行かないよね……。
わたしだって自分の箱は放っぽって、そっちに行くもん(笑)。
並んででもそっちに行くもん! 5回は並ぶもん!

人のパワーを集める役目
人々を元気にする役目って、本当に大事だと思うんだ。

でないと、世界中のあちこちで
こんなにさまざまな、音楽や踊りが生まれて
歌い継がれて、踊り継がれているわけがないもん。

なんかね、草なぎさんの読み上げた
女の子からのファックスの
「いっぱいテレビに出て、歌を歌ってください」
というフレーズに、思わずホロリと来てしまいました。
ホント、そのとおりだ。

相変わらず、下手くそなスマップの歌(失礼)。
セットがアレじゃ、ゴマカシも効かない。
でも、何回も聞いてる「がんばりましょう」が
あんなに染みたのは、初めてでした(ハラハラもしたけど)。

正直、日本自体がどうなるかわかんないぐらいの大災害で
いま無事なわたしたちだって、明日はどうなるかわからない。

そんなときだからこそ、けっしてムリすることはないけど
くじけないでさ、明るいことや楽しいことを探していければ、いいよね?

さっそく楽しみを見っけ↓
Tc0503人気ブログランキング

| | コメント (0)

新春・ヤマト祭り(3)

Ty69ymt2

いそがしすぎて、目がまわりそうなの(涙)。
だからもう、とっとと行っちゃおう。

「私説・SPACE BATTLESHIP ヤマト」第3回(これでラスト)。
今回も、ばっちりネタバレです!

 * * *

乗組員に反乱を起こされ、気を落とした古代に
喝を入れたのは、かつての恋人、森ユキだった。

じつは、ユキと別れたのも「島のことを差し置いて
自分だけ、幸せになるわけにはいかない」とかなんとか
そーゆー理由もあったんだよね、きっとね(古代いいヤツ!)。

そんな古代に、ユキは「今度は、何があってもついていくから。
戻るにしても進むにしても、これからは絶対に離れないから」と宣言する。

さらに古代は、徳川彦左衛門から機関室に呼び出された。
徳川は、古代に対して
出発から波動エンジンとずっと付き合ってきた人間としての
イスカンダルに対する「敵ではない」という見解を述べる。

「まあ、これは、わしのカンに過ぎないのだがね」みたいな
いかにもベテランの宇宙船乗りらしい、だけど含蓄のある感じで。

 * * *

じつはずいぶん前に、徳川機関長と佐渡先生は、
放射能除去装置はウソだという真実を、沖田艦長から告白されていた。

……ここ、ここで悩んだんです!
原作の佐渡酒造先生になら、沖田は必ず告白するんだろうけども
高島礼子の佐渡先生に、果たして言うだろうかって。

で、考え付いたのが、きっとこの佐渡先生は
酒造さんの娘で、小さいころから家族ぐるみで仲良くしており
「沖田のおじちゃん」つって、艦長のヒザに乗ってたりして(いいなー)
艦長にとっても、とても信頼おける人だったのよ、ウンウン。

というわけで、佐渡先生からも
沖田艦長の真意を、しみじみ聞いたりして
(そのへんは、映画で何か言ってたような気がするから、それ)
古代は、やはりガミラスへの突入を決意するわけ。

ついては、とにかくここでみんながグッとくるような
すばらしい演説を、古代さんにやってもらって
(これも、映画で何か言ってたような気がするから、それ)
それにココロ動かされた島が、戻ってくる。
山本は最後まで粘るが、加藤が説得して(加藤いいヤツ!)納得する。

 * * *

第1艦橋に戻ってきた古代と島。
「すみません、迷惑かけてしまって」
真田にあやまると、真田はニヤリと笑って応える。

「いつかはこんなこともあろうかと、思っていたよ」

そして、ひとつの図面をスクリーンに見せた。
「イスカンダル」の正確な位置と、そこまでの到達方法。
必要な機材も、すべて揃っていた。

古代たちが、下でゴチャゴチャやっていたあいだに
第1艦橋クルーは、真田をリーダーとして
ガミラスへの突入作戦を、粛々とすすめていたのだ。

かくしてヤマトは、乗組員が一丸となり
ガミラスとの最後の戦いへと臨むのであった……。
(というわけで、映画本編へ戻る)

 * * *

おまけ「こんなヤマトはイヤだ」

一時、ガミラスに身体を乗っ取られた、空間騎兵隊の斉藤。
(そういや、斉藤役の池内博之さん、宇宙人にさらわれた経験あるんだよね)
「いやあ、大変だった~」などと歓談しながらの、食事中に
いきなり「グフッ」なんて言って卒倒。七転八倒。
斉藤の腹をガバーッと突き破って、グロテスクな化け物が出てくる。

姿を隠した化け物は、ヤマト艦内に巣を作り(きっと第3艦橋ね)
つぎつぎと、乗組員たちを血祭りにあげていく!

ラストは、女王エイリアン(←エイリアンってもう言ってるし)が
第3艦橋から、ガーッてエレベータで上がってくるわけよ。
そこにパワーローダーに乗った、おっとこまえな森ユキがいるわけよ。
大格闘の末、森ユキが女王エイリアンに、宇宙空間への上手出し投げで勝利。

……正直、あのようなガミラスが出てきた時点で
こんな展開になるんじゃないかと、ちょっと心配しました、あは。

Tc0701人気ブログランキング

| | コメント (0)

新春・ヤマト祭り(2)

Ty69ymt2

昨日、去年の「相棒スペシャル」再放送を見終え
チャンネルを変えたところ(「相棒」についても、いろいろ書きたいなあ)
ちょうど「さんタク」やってるところでした。
さんまさんと木村さん、なんだか「ディセント」状態になってて
思わず、そこからハマってずーっと見てしまった!

※「ディセント」
冒険旅行中の6人の女性が未開の洞窟へ入りこみ
おっとろしい体験をする、おっとろしい映画。←見る勇気ないデス(汗)。

あれって、じゅうぶんわかってて聞くんだけど
帰るときは、来た道を、そのまんま、引き返すんだよね?
奥にいるボスを倒したら、自然に宿屋に戻ってるとか……
呪文を唱えたら、イッパツで外に出られるとか……
そんなこと、ないんだよね?

…………(;´Д`)。

あれはある意味、イスカンダル行きよりツライと思いました……。
というわけで、気をとりなおして参ります。

「私説・SPACE BATTLESHIP ヤマト」第2回。

あっ、ごめん! 今回、ばっちりネタバレしてますんで!

 * * *

ヤマトは長い旅を終え
とうとう、イスカンダルのすぐ近くまで来た。
しかしその星は、ずっと敵だと思っていたガミラスだったのだ。

古代進を始めとする、ヤマトの乗組員たちは
もうひとつの信じがたい事実を知る。

通信カプセルにあったという、イスカンダルの放射能除去装置の情報は
いまは病床にある沖田艦長の、作り話だったのだ。
(その沖田は、いま病状が悪化し、面会ができない)

「何も確証がないというのに
オレたちを、こんな遠くまで連れてきたというのか?」
憤慨する乗組員たち。
とうとう、反乱を起こす者まであらわれた。
ブラックタイガー隊の、山本だ(第2艦橋あたりに立てこもる?)

じつは山本は、長い旅のあいだに
同じブラックタイガー隊の女性隊員、飛田と恋仲になっていた。
(たぶん髪の毛を編み込みみたいにしてた、あの女の子ね!)

地球に戻ったら結婚する、という約束までしたが
飛田はその後、戦闘で死んでしまったのだ(←すまん飛田)。

「もうこれ以上、乗組員に犠牲を出したくない。
ガミラスと真っ向に戦えば、もっと死者は増える。
しかし、放射能除去装置の存在が、ウソとわかった以上
ここでムリに戦わず、いま引き返しさえすれば
みんな、家族にまた会えるじゃないか?
そのあと死ぬとしても、家族や、大切な人といっしょに
最期をむかえることができるじゃないか?」

それが、山本の言い分だった。
それに同情した加藤も、彼とともに「地球に帰りたい派」に加わる。
じつは彼も、飛田ちゃんのこと好きだったのね(←よかったな飛田)。
原作の古代とユキと島くんを彷彿とさせる3人の関係です、ウフ。

 * * *

そして、あろうことか、優秀な第1艦橋クルーであるはずの
島くんが「地球に帰りたい派」に、加わっちゃうんだ!

責める古代に、島くんはつい感情的になって言っちゃうの。
「お前には家族がいないだろう!」って。
(ハリポタの予告で、ロンがハリーに言ってたセリフだがな)

じつは、島くんもずっと苦しんでてね。
自分たちのミスで、奥さんを死なせて
幼い息子を、ひとりぼっちにさせてしまったんだから。
古代だって家族を失ったんだから、それを責めるわけにはいかないと
ずっとこらえてたんだけど、とうとう気持ちが爆発しちゃった。

古代としては、ショックなわけですよ。
艦長にホラ吹かれてたってのも、ショックだったし。
イスカンダルがガミラスだったってのもショックだったし
乗組員の反乱もショックだし。島のこともショックだし。

とにかくガックリきちゃって
あーもーイスカンダルとか、ガミラスとか、放射能除去装置とか
どーでもいいやー、みんなの言うとおり
地球に帰っちゃおーかなーってな気持ちになってたときに
ガツンと喝を入れてやるのが

おっとこ前な森ユキ。

つづく。

Tc0701人気ブログランキング

| | コメント (0)

新春・ヤマト祭り(1)

Ty69ymt2

↑木村“古代”を描くつもりが、どう見てもハーロックにしか(笑)。

あけましておめでとうございます。

ヤマト熱はご覧のとおり、しかと続いてます(笑)。
先日は、某動画サイトにて、オリジナルアニメの劇場版が
落っこちているのを発見。チラッと見るつもりが
すっかりハマって、ラストまでじっくり見てしまいました……。

ああもう、満身創痍で、それでも前に進もうとする
ヤマトの姿に、萌ぇ……もとい、涙。

で、あらためて思ったのですが
このオリジナルアニメと、今回の実写版との違いは
「敵の存在」があるかないか、ではなかったろうか、と。

だとすれば、この実写版においての「敵」とはいったい何だろう。
やはり「内なる敵=自分」ということになるのだろうか?

ちょうどその翌日、高速バスに乗る用があり
バスの中が、あまりにもヒマだったもので
つい、つらつらと考えてしまったのです。

そしたら、あんのじょう発病ですね。
あきらかに「ソレヲコッチニカシタンサイ病」ですね(笑)。

というわけで、はりきって参りましょー!

「私説・SPACE BATTLESHIP ヤマト」

 * * *

西暦2199年、地球は滅亡の危機に瀕していた。

謎の惑星ガミラスの、遊星爆弾による攻撃で
海は干上がり、ほとんどの地球上の生物は死滅。
残されたわずかな人類は、地下に暮らし
なんとか攻撃に、耐えていたが
それも、遊星爆弾の残留放射能により
あと1年あまりで滅亡、といわれていた。

そんなある日、地球に
惑星イスカンダルからのメッセージが届けられた。
偶然、近くにいた古代進(木村拓哉)が
そのメッセージカプセルを、回収することになる。

 * * *

ここまでは、映画とだいたい同じ。
これから、びみょ~に変わってまいります。

古代は、地球軍の元エースパイロットだったが
リタイアし、現在は地上で、レアメタル回収に従事している。
相棒は、人口知能の「アナライザー」と
安藤(←おっココで出てくる)という名の、やはり軍をリタイアした若者。
彼は訓練中のケガがもとで、兵士になれなかったのだ。

安藤は分析能力に長けており、アナライザーとは良きライバルなの(笑)。

いっぽうイスカンダルからのメッセージの解読が終わった。
地球軍は、地球の最後の希望とされていた「ヤマト」に
波動エンジンを搭載させ、イスカンダルを目指すことになる。
イスカンダルには、放射能を除去させる装置があり
それを手に入れれば、地球は、もとの青い星に戻れるのだ。

……とはいっても、ヤマトの乗組員は、寄せ集めもいいとこなわけです。
先の戦闘で地球連合艦隊は、全滅に近かったわけだから。
残る人材は、ほとんど戦ったことのない
若い訓練生とか、後方支援とか、事務方とか退役者ばかり。
んで、その中には、ちゃっかり安藤もいるのよ。

そんなヘッポコ揃いのヤマトクルーのなかで
第1艦橋乗組員と、ブラックタイガー隊、そして空間騎兵隊は
沖田艦長のもと歴戦を生き延びてきた、優秀な経験者たちだった。
そして、かつてエースパイロットだった古代も
必然的に、戦闘班班長となる。

ブラックタイガー隊には
古代の昔の恋人、森ユキがいた(←んま、元カノ?)。
ユキは、かつて古代が何も言わず、自分からも
そして軍からも去ったことに、そらもードタマに来ていた。

 * * *

んでまあ、そのあと、映画と同じように
テキトーにいろいろあったのち、第3艦橋の悲劇が来るわけです。

自爆するガミラス艦から、ヤマトを救うため
第3艦橋をやむなく捨てた、艦長代理の古代。
犠牲になった乗組員のなかには
古代を兄のように慕っていた、あの安藤もいた。

(ここで、涙ナミダの回想シーン)
「古代さあーん」「古代さあーーーん」
目をキラキラさせる安藤。「ほら、こんなにスゴいレアメタルが!」

「ワタシモ……カナシイデス」とアナライザーがつぶやく。

しかし、仲間を見殺しにしたことへの共感で
古代と森ユキとの距離は、少し縮まった。
本当はまだ、互いに愛し合っていることを、密かに自覚するのだった。

あっ(慌)でもまだ行動には出なくていいです!

つづく。

Tc0701人気ブログランキング

| | コメント (0)

ヤマトはやっぱカッコイイ(3)

Ty66yamato
本題の前に……「SPEC」。

怒涛のように終わりましたが
確かに、イカシた終わりかただとは、思いますが
だけどいろいろと謎、残しすぎなんですが(汗)

「映画はやらない」って、戸田恵梨香チャン言ってましたが
せめて、せめてスペシャルか何かで
広げた風呂敷は回収してホスイ(;´Д`)……ホスイ。

えーっ、というわけで
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の感想、3回目です。
ほら、やっぱり熱く語っちゃうんだわ。
「ヤマト」ちゅうだけで!(笑)

あとで気付いたんだけど、アレに似てるかな。
草なぎさん主演の「日本沈没」(笑)。
冷静に見たら、そりゃヒドイ内容なんだけど
悪しざまに言う気が、なんとなく起きないって気持ち。

とにかく、お話はもうどーでもいいから(本音)
日本が沈没するところか、ヤマトが廃墟から復活するところとか
子ども時代に、ものすごく感銘を受けた迫力シーンを
ふたたび目にできて、単純に、嬉しいんです。

ただ「お話はどーでもいいから」と、確かに思ってはいたけど
じつは涙が出るほど、心揺さぶられたシーンもあります。
(以下、ネタバレ注意!)

 * * *

仏教の教えにあるというお話で
また聞きなので、出典が何かまではわからないのですが

ある一行が、はるか彼方の宝の国を目指して旅をします。
はじめは元気のよかった一行も、だんだん疲れてきて
弱音を吐いたり、あきらめたりする者が出てきます。

そんなとき、一行のリーダーが
目の前にまごろしのお城を、出してみせて
「ほら、お城はすぐそこだぞ!」って、やるんだって。
それを見たみんなは「よーし、がんばろう!」って
元気を出して、そのお城までがんばって歩くんですって。

ひと休みしたあと、リーダーは
「なんか最終目的地はここじゃなくて、もうちょっと先のようだ」
とかなんとか言って、そうやって、ごまかしごまかし(笑)
みんなを先へと、導いて行ったんだそうです。

「ウソも方便」という、ことわざがあるけど
この「方便」という言葉の、由来になったお話だそう。
「方便」は、仏教用語で「(悟りに)近づく」ということです。

 * * *

今回の「ヤマト」のなかで、ある登場人物が使った「方便」。
それが、あまりにも切なくて、その人の想いがあまりにも切なくて。

本当は、すごく危ういことだと思うんですよ。
諸刃の剣で、まったく逆の解釈をされるかもしれないのに。

でも、あえてこの人は、その手段を選んだんだって思ったら
本当にここは、涙が出てしまいました。
「原作よりこっちが好き」って正直、思いましたもん。

願わくば、もうちょっと自然に「会話」として
うまく成り立ってくれていたらねえ……(苦笑)。
だって、ホントにヘタクソなんだもん、脚本。

 * * *

あ……ごめん、けっきょく悪口になっちゃった。

悪口といえばさ、ネットで読んだ悪口のなかにね
「第一艦橋が狭すぎ!」というのが、多数、見受けられるの。

でも、実際にはどうなんでしょ。
船の操舵室の広さって、あんなもんだろって思うんだけど。
あの古臭いSFっぽさは、けっこうツボでした。
ヤマトにとっての「最新鋭」は、あれで充分さね!

そんなことを思いながら
動画サイトで、アニメ版のヤマト艦内をチェックしてみました。
Ty67ybridge

第一艦橋、あり得ないほどに広すぎですね!(爆)

つづく。←まだつづくんか!

Tc0701人気ブログランキング

| | コメント (0)

より以前の記事一覧